Page: 2/2  << 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
平成の黒船「TPP」(2010年11月18日河北新報)
 呼びかけ人の一人、官沢さんが投稿した記事をご紹介します。

平成の黒船「TPP」(2010年11月18日河北新報)
※画像をクリックすると拡大表示されます。
平成の黒船「TPP」

| miyaginougyo9 | 10:30 | - | - | - | - |
米価暴落(2010年10月1日河北新報)
 呼びかけ人の一人、官沢さんが投稿した記事をご紹介します。

米価暴落(2010年10月1日河北新報)
※画像をクリックすると拡大表示されます。
米価暴落
| miyaginougyo9 | 10:38 | - | - | - | - |
みやぎ農協人九条の会結成記念学習講演会「米価暴落と農政(TPP)問題」のご報告
「みやぎ農協人九条の会」は2011年1月20日に、フォレスト仙台(仙台市青葉区)で結成記念学習講演会「米価暴落と農政(TPP)問題」を開催しました。

この講演会はいくつかのメディアで取り上げていただきました。
ありがとうございます。

TPP・米価下落で学習会 消費者も大きな関心 みやぎ農協人九条の会(JAcom農業協同組合新聞)
http://www.jacom.or.jp/news/2011/01/news110124-12309.php

しんぶん赤旗 2011年1月21日 東北・北海道版
赤旗記念学習講演会記事


日本農業新聞 2011年1月21日掲載
TPP紹介記事
| miyaginougyo9 | 09:59 | - | - | - | - |
みやぎ農協人九条の会結成記念学習講演会 「米価暴落と農政(TPP)問題」のご案内
 みやぎ農協人九条の会結成記念農業問題学習会

みなさま、ご無沙汰をしております。

今年の8月31日に農協の組合長経験者30名を含む有志でみやぎ農協人九条の会を結成しましてから、早いもので3ヶ月が経ちました。

「協同組合の精神は憲法九条の精神と一致する」「農業は平和の中でこそ営まれる」と私たちは考えて、みやぎ農協人九条の会を結成しました。

この秋もTPP問題で日本農業はゆれ続けております。政府はTPPを容認する姿勢ですが、もしこれが実現されますと、日本の農業は完全に破壊されます。今年の米価はご承知のとおり、生産原価を大きく割るか価格8700円に設定され、さらに来年の米の生産目標数量は800万トンを割るという前代未聞の事態となっています。

一方これまで生産者米価の指標の役割を担ってきた「コメ価格センター」は今年度で解散することが報じられています。これは一層の米価下落を引き起こすことになります。
私たちはこうした事態をしっかり見据えるため、以下の通り、学習会を開催することとしました。

みやぎ農協人九条の会に賛同している方はもちろん、まだ賛同されていない方も、ぜひ誘い合って、お出でください。
一緒に農業の未来を考えて見ましょう。


日時● 平成23年1月20日(木)午後1時半〜午後4時まで

会場● 仙台市青葉区フォレスト仙台5階501号室
  • 勾当台通り・北六番丁の青葉消防署斜向い100m北先
  • 地下鉄では「北四番丁駅」下車、勾当台通りを北仙台に向かって400m歩いた左側。
  • 車でお出での方。有料駐車場は周りにございます。1時間300円〜400円

講演の演題●「米価暴落と農政・TPP問題」

(1)米価はなぜ暴落したか?その仕組みをお話します。
(2)TPPで農業はどうなるのか?
(3)TPPで地域はどうなるのか?経済は?
(4)パワーポイントで分かりやすくお話します、

 講師 東北大学名誉教授 河相一成さん

【申込先と申し込み方法】
参加される方は別紙ご記入の上、ファックスでお送り下さい。
お電話でも結構です。

ファックスは022-276-5160、電話は022-728-8812です。

お問い合わせは下記まで
みやぎ農協人九条の会(みやぎ憲法九条の会内)
〒981-0933
仙台市青葉区柏木1-2-45 フォレスト仙台ビル5階
電話022-728-8812


| miyaginougyo9 | 18:07 | - | - | - | - |
みやぎ農協人九条の会の賛同者になっていただくお願い
 平成22年12月20日

関係各位

みやぎ農協人九条の会
会長 阿部長寿

 
師走も後10日となりました。 

皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。
また年末年始の準備にお忙しいと思います。

さて、本日は標記の件でお願いをいたしたく筆を執りました。
お願いとは「みやぎ農協人九条の会の賛同者になってください」ということです。

1 呼びかけ人と賛同者を増やす活動をしております。

高配のとおり、みやぎ農協人九条の会は8月31日に32名の農協組合長(現・元)の賛同を得て結成されました。

私たちは農協の精神「一人は万人のために 万人は一人のために」こそ平和の精神であり、憲法九条と合致するものであると確信しております。

私たちは憲法九条を守り抜くために全県の圧倒的多数の農業人、農協人にご賛同を願いたいと考えております。

この立場から全県の農業者、農協人にみやぎ農協人九条の会への参加を呼びかけるつもりです。

みやぎ農協人九条の会は呼びかけ人と賛同者から構成されます。

呼びかけ人は農業者、各農協関係者によく知られ方で、お名前を公表することを了解された方々です。

賛同者はこの会のアピールに賛同される方です。

呼びかけ人、賛同者が県内農業関係者の圧倒的な多数を占めれるように頑張りたいと考えております。
 
2 呼びかけ人は40名を超えました。

呼びかけ人は当初11名でした。呼びかけ人を30名、40名と広げることに力を入れてまいりました。

おかげ様で現在、呼びかけ人は既に40名を超え、現在も増えております。現在の呼びかけ人は別紙でご紹介しております。ご覧ください。

3 賛同者になっていただくお願い

みやぎ農協人九条の会のアピールに賛同する方が「賛同者」ですが、賛同者を農村部で圧倒的に多数にすることが憲法九条を守り、生かす道です。

本日はみなさんに賛同者になっていだきたく、筆を執りました。

ぜひ貴職に賛同者になっていただきたいと考えています。

  • 賛同者は名前を公表はいたしません。
  • 県民への訴えなどに登場していただいてお名前を公表する場合はその方の了解を得ます。
  • 賛同者のみなさんにはカンパをお願いしております。
    「年額で一口1000円とし何口でも結構」です。
    みなさんのカンパでこの会を運営して参ります。
  • みやぎ農協人九条の会の活動の状況や今後やることは時々報告書を作成してお知らせいたします。日常的にはホームページに掲載いたします。
 4 現在のみやぎ農協人九条の会の役員は以下のとおりです。

顧 問:木村春雄農協中央会会長 

会 長:阿部長寿(みやぎ登米農協元組合長)

副会長:三浦弘康(みどりの農協元専務・小牛田農協元組合長) 

幹事長:伊藤隆之(加美よつば農協元組合長)

幹 事:官澤健一(宮城県農協中央会元副会長・仙台農協元組合長)

 
なお当会の事務所は以下のとおりであります。
賛同者になっていただける方は下記までお問い合わせください。
 

みやぎ農協人九条の会(みやぎ憲法九条の会気付)

〒981-0933
仙台市青葉区柏木1丁目2-45 フォレスト仙台5階
電話:022-728-8812
ファックス:022-276-5160

| miyaginougyo9 | 17:41 | - | - | - | - |
JAグループ宮城九条の会結成趣意書
一 1997(平成9)年に制定された「JA 綱領」は以下のように述べています。
「わたしたちJAの組合員・役職員は、協同組合の基本的な定義・価値・原則(自主、自立、参加、民主的運営、公正、連帯等)に基づき行動します。」
「地域・全国・世界の協同組合の仲間と連帯し、より民主的で公正な社会の実現に努めます。」
協同組合運動の精神は「一人は万人のために、万人は一人のために」です。
これらの理念、と精神のもとに農協は組合員の生活の中にしっかりと根を下ろしてまいりました。この理念と精神は、世界の平和と繁栄に相通じるものであり、戦争とは全く相容れないものであります。
平和な世の中でこそ農業と農協は発展できることを確信するものです。

一 太平洋戦争では、日本はアジアの国民に大きな惨禍をもたらしただけではなく、日本国民にも大きな犠牲を強いました。農民兵士は最前線に送られて多くの戦死者を出しました。残された家族は食糧増産を強制され、老人子どもを抱えて貧困にあえぎました。農村・農民はいつの時代も戦争の最大の被害者です。

一 戦争の惨禍を踏まえ、日本は戦後、戦争放棄と戦力を持たないことを規定した平和憲法を制定しました。
九条を含む平和憲法もつこの国だからこそ、相手国の立場を尊重した、平和的外交と、経済、文化、科学技術などの面から、世界各国と交流し、戦後の経済復興と今日の平和日本があることを忘れてはなりません。

一 数年前から、憲法九条を改定しようとする動きが強まってまいりました。
これに対し、2004 年6 月に井上ひさしさんや大江健三郎さんなど9名の方が「九条の会アピール」を発表いたしました。
このアピールに応えて全国で7500 、宮城県では110 を超える九条の会が生まれています。宮城県では首長の会も設立されており、全国に広がる勢いです。
九条を守ろうとする世論は着実に浸透しつつあります。

一 私たちは協同組合精神が平和を守る精神と共通することに思いを致し、最近の憲法を変えようとする動きを憂慮し、世界に誇れる平和憲法を変えずに今のまま維持することを目的として、「JA グループ宮城九条の会」を結成するものであります。
農協に関係する多くの皆さんがこの会にご参加いただき、協同組合運動の発展に共に手を携えることを、ここに呼びかけるものです。

2010年8月31日

JAグループ宮城九条の会呼びかけ人
木村春雄 駒口盛 官沢健一 佐藤宏 鎌田保 我妻武 千葉賢 岡田保男 三浦弘康 伊藤隆之 阿部長壽


(連絡先)
みやぎ農協人九条の会 みやぎ憲法九条の会内
〒981-0933 仙台市青葉区柏木1丁目2-45 フォレスト仙台5階
電話022-728-8812
ファックス022-276-5160

| miyaginougyo9 | 12:05 | - | - | - | - |
アピール
宮城県内の農協関係者の皆さん

1997年に制定された「JA綱領」 は「わたしたちJAの組合員・役職員は、協同組合の基本的な定義・価値・原則(自主、自立、参加、民主的運営、公正、連帯等)に基づき行動」 し、「地域・全国・世界の協同組合の仲間と連帯し、より民主的で公正な社会の実現に努めます。」と述べています。

また、協同組合運動の精神は「一人は万人のために、万人は一人のために」です。
この理念と精神の下、農協は組合員の生活の中にしっかりと根を下ろしてまいりました。
この理念と精神は世界の平和と繁栄に相通じるものであり、戦争とは相容れないものであります。
平和な世の中でこそ農業(食料安全保障)と農業協同組合は発展できると確信するものであります。

太平洋戦争では、日本はアジアの国々に大きな惨禍をもたらしました。日本国民も多大な犠牲を強いられました。多くの国民が戦争に駆り出されましたが、その中心は農民でした。銃後の農民は食糧の増産に駆り出され、老人と子供を抱えて貧困にあえぎました。いつの時代も農業・農村は戦争の最大の被害者です。

戦争こそ農村と農協を破壊する最たるものであります。

戦後の日本国憲法は、先の大戦を反省し、前文で「再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意」し、第九条(戦争の放棄) で「日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては永久にこれを放棄する」と定めました。
しかし憲法改正の手続法が制定される等、数年前から、日本国憲法九条を変えようとする動きが強まってきました。

このような動きに対し、2004年6月、井上ひさしさんたち九名の著名人が「九条の会アピール」を発表し、政党政派にとらわれず、九条を守る運動を訴えました。
既に全国で7500 、宮城県で110を超える九条の会が生まれています。

また宮城県内には首長経験者の九条の会も生まれています。
九条の会の訴えは九条を守る世論を大きくしています。
私たちは憲法九条の改憲を容認することはできません。
農協の関係者に憲法九条を守ろうと呼びかけるものであります。
そして「みやぎ農協人九条の会」を結成し、九条を守るためにあらゆる努力を傾注してまいります。
みなさんに「みやぎ農協人九条の会」にご賛同をいただくよう、お願いするものであります。

2010年8月31日にて決定

みやぎ農協人九条の会呼びかけ人

駒口盛(農協中央会元会長)、官沢健一(農協中央会元副会長)、佐藤宏(みやぎ仙南農協元組合長)、鎌田保(角田市農協元組合長)、我妻武(角田市農協元組合長)、千葉賢(古川市農協元組合長)、岡田保男(いわでやま農協元組合長)、三浦弘康(小牛田農協元組合長)、伊藤隆之(加美よつば農協元組合長)、阿部長壽(みやぎ登米農協元組合長)

| miyaginougyo9 | 12:03 | - | - | - | - |
みやぎ農協人九条の会結成総会のご報告
賛同者のみなさんへ
2010年8月31日

みやぎ農協人九条の会
会長 阿部長壽

「みやぎ農協人九条の会」の会長に選出されました阿部長壽でございます。
みやぎ農協人九条の会結成総会は8月31日、無事終了いたしました。
ここに謹んでご報告いたします。
詳しい報告は別紙でいたしますが、以下の諸点につきまして、賛同者のみなさんのご理解を賜りたいと存じます。

  1. 会の名称を「JA グループ宮城九条の会」から「みやぎ農協人九条の会」に変更いたしました。理由はJA グループ宮城九条の会はJAグループ宮城が運営しているように誤解されること、横文字が馴染み難いことからです。
  2. 役員が8月13日付の提案文書から一部変更となりました。
    14名の現職組合長のうち、賛同者は3名でした。31名の賛同者のうち、28名が現職組合長ではない現実を踏まえ、役員構成をOB 中心としました。但し、現役も参加できる組織です。木村春雄会長に顧問になっていただいた絵所以です。
  3. 役員は報告書のとおり、顧問木村春雄会長、会長阿部長壽、副会長三浦弘康、幹事長伊藤隆之、幹事官沢健ーとなりました。一同、憲法九条を守るために一丸となって努力いたす所存であります。

みなさまのご協力をお願いする次第です。

なお「みやぎ農協人九条の会」の事務局は当面「みやぎ憲法九条の会」におきます。
「みやぎ憲法九条の会」は以下のとおりですので、お気軽にお電話下さい。
これをもって、設立のごあいさつとさせていただきます。

みやぎ農協人九条の会(みやぎ憲法九条の会気付)
〒981-0933
仙台市青葉区柏木1丁目2-45 フォレスト仙台5階
電話022-728-8812
ファックス022-276-5160

| miyaginougyo9 | 12:00 | - | - | - | - |
このブログについて
 このブログは「みやぎ農業人九条の会」のお知らせや活動報告するために、設置しました。
運営・管理は「みやぎ憲法九条の会」が行ってます。

「みやぎ憲法九条の会」が当面の間、事務局になっています。
このブログへのご意見や掲載のお願い、「みやぎ農業人九条の会」へのお問い合わせは下記までお願いしたします。
(みやぎ農協人九条の会)

お問い合わせ先:※みやぎ農協人九条の会の事務局もかねています。
みやぎ憲法九条の会
〒981-0933
仙台市青葉区柏木1丁目2-45 フォレスト仙台5階

電話022-728-8812
ファックス022-276-5160

| miyaginougyo9 | 11:50 | - | - | - | - |