スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
Entry: main  << >>
JAグループ宮城九条の会結成趣意書
一 1997(平成9)年に制定された「JA 綱領」は以下のように述べています。
「わたしたちJAの組合員・役職員は、協同組合の基本的な定義・価値・原則(自主、自立、参加、民主的運営、公正、連帯等)に基づき行動します。」
「地域・全国・世界の協同組合の仲間と連帯し、より民主的で公正な社会の実現に努めます。」
協同組合運動の精神は「一人は万人のために、万人は一人のために」です。
これらの理念、と精神のもとに農協は組合員の生活の中にしっかりと根を下ろしてまいりました。この理念と精神は、世界の平和と繁栄に相通じるものであり、戦争とは全く相容れないものであります。
平和な世の中でこそ農業と農協は発展できることを確信するものです。

一 太平洋戦争では、日本はアジアの国民に大きな惨禍をもたらしただけではなく、日本国民にも大きな犠牲を強いました。農民兵士は最前線に送られて多くの戦死者を出しました。残された家族は食糧増産を強制され、老人子どもを抱えて貧困にあえぎました。農村・農民はいつの時代も戦争の最大の被害者です。

一 戦争の惨禍を踏まえ、日本は戦後、戦争放棄と戦力を持たないことを規定した平和憲法を制定しました。
九条を含む平和憲法もつこの国だからこそ、相手国の立場を尊重した、平和的外交と、経済、文化、科学技術などの面から、世界各国と交流し、戦後の経済復興と今日の平和日本があることを忘れてはなりません。

一 数年前から、憲法九条を改定しようとする動きが強まってまいりました。
これに対し、2004 年6 月に井上ひさしさんや大江健三郎さんなど9名の方が「九条の会アピール」を発表いたしました。
このアピールに応えて全国で7500 、宮城県では110 を超える九条の会が生まれています。宮城県では首長の会も設立されており、全国に広がる勢いです。
九条を守ろうとする世論は着実に浸透しつつあります。

一 私たちは協同組合精神が平和を守る精神と共通することに思いを致し、最近の憲法を変えようとする動きを憂慮し、世界に誇れる平和憲法を変えずに今のまま維持することを目的として、「JA グループ宮城九条の会」を結成するものであります。
農協に関係する多くの皆さんがこの会にご参加いただき、協同組合運動の発展に共に手を携えることを、ここに呼びかけるものです。

2010年8月31日

JAグループ宮城九条の会呼びかけ人
木村春雄 駒口盛 官沢健一 佐藤宏 鎌田保 我妻武 千葉賢 岡田保男 三浦弘康 伊藤隆之 阿部長壽


(連絡先)
みやぎ農協人九条の会 みやぎ憲法九条の会内
〒981-0933 仙台市青葉区柏木1丁目2-45 フォレスト仙台5階
電話022-728-8812
ファックス022-276-5160

| miyaginougyo9 | 12:05 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 12:05 | - | - | - | - |