スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
Entry: main  << >>
2013年1月19日 食と農・協同組合運動から考える「大震災からの復興、TPP、 そして憲法9条」を開催しました
2013年1月19日に『食と農・協同組合運動から考える「大震災からの復興、TPP、 そして憲法9条」』を仙台市青葉区フォレスト仙台5階501号室を会場に開催しました。

総選挙の結果を受けて、食と農を取り巻く情勢はどう変化するのか?  をテーマに「大震災からの復興」「TPP」「憲法9条」について講演を行いました。
講演の内容は次の通りです。

1. 「大震災からの復興の現状と課題」 渋谷奉弘仙台農協震災復興課長

東日本大震災で壊滅的な打撃を受けた太平洋側の農村、農地3000ha。
仙台農協で復興の先頭に立つ仙台農協渋谷奉弘震災復興課長が現状と今後の対応を報告いただきました。


2.「 主権を侵す丁PP」    中嶋信さん (徳 島大学名誉教授)

TPPに参加するか否か。総選挙の結果を受けて重大な岐路に立たされています。
TPPとはなにか?国家主権の観点から徳嶋大学名誉教授の中嶋信先生に解明していただきました。

(中嶋先生の略歴:1946年北海道生まれ。徳島大学名誉教授自治体問題研究所前副理事長。専門は地域経済論 近著に『地域の未来とTPP』 )

3.「憲法9条を生みだしたアジア太平洋戦争の経験」

現在の憲法を生みだした「憲法制定事実」(樋口陽一さん)とはアジア太平洋 戦争の悲劇に他なりません。その悲劇の実態を、農協中央会前会長木村春雄さんと加美よつば農協前組合長伊藤隆之さんにお聞きしました。

(1)「私と私の家族にとつてアジア太平洋戦争とは」 木村春雄さん (みやぎ農協人九条の会顧問・農協中央会前会長)

(2)「朝鮮からの決死の逃避行」 伊藤隆之さん (みやぎ憲法九条の会事務局長・加美よつば農協前組合長)

なお、当日の講演の様子は河北新報、日本農業新聞、新聞赤旗に記事として紹介されました。

詳しくは下記の画像をクリックするとご確認いただけます。


| miyaginougyo9 | 12:07 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 12:07 | - | - | - | - |